中学生のタブレット学習<おすすめの教材を紹介>

中学生のタブレット学習<おすすめの教材を紹介>
MENU

中学生のタブレット学習<おすすめの教材を紹介>

中学 タブレット学習

 

最近、話題になっているタブレット学習ですが、どのようなメリットがあるのか、またどの教材がおすすめなのかをここでは紹介していきたいと思います。

 

タブレット学習のメリット

まず一般的なタブレット学習のメリットをここでは紹介したいと思います。

 

場所を選ばず勉強できる

タブレット学習の一番のメリットといえば、やはり場所を選ばないところです。

 

部活などで忙しい中学生でも隙間時間に勉強に取り組むことができますし、電車や車の移動中などの限られたスペースでも活用できるメリットがあります。

 

繰り返し学習と情報量の多さ

塾などでは、わからなかったことを質問できないとそのまま通り過ぎてしまいますが、タブレット学習なら何度でも見直すことができます。

 

わからなかった点をわかるまで繰り返し学べるところが大きなポイントです。

 

また学習できる情報量の多さも魅力です。

 

電子書籍のメリットである、何冊もの本をタブレットの中にすべて収められることと同様、何冊分もの参考書や問題集をタブレットひとつに入れられるコンパクトさはメリットと言えます。

 

自宅だけでなく、他の場所へ移動して勉強をする際には荷物にならず楽チンです。

 

また、すべての参考書が入っていれば、持ち忘れもありませんし、調べたいときにすぐにアクセスできます。

 

最新授業にアップデートできる

新しい情報にアップデートできるのが電子媒体のメリットになります。

 

タブレットに入れている学習教材の最新版が出たときには、追加料金でアップデートできるものもあるでしょう。

 

買い替えなければいけない紙媒体の教材とは、そこが大きく異なります。

 

またシリーズものの教材であれば買い足してダウンロードすればいいですし、定期的に配信されているテスト問題を受け取り損ねるこもとありません。

 

答え合わせがスムーズに行える(時間短縮)

選択肢問題や答えがある程度明確な問題(答えが何パターンもあるような記述問題以外)であれば、ボタンひとつで答え合わせができ、スピーディーな学習ができます。

 

紙媒体と違い紙面スペースの制限が無いため、回答解説が必要なだけ丁寧にされていることも期待できます。

 

また、動画でよりわかりやすい表現での回答解説も可能になります。

 

一元管理なので親が子供の勉強の進捗状況を把握しやすい

タブレット学習では成績や達成状況を一元管理することが可能となります。

 

そのため、自分の成績や学習の達成状況を自分の目で確認することができるようになります。

 

このことは子供にとって、自分の学習状況の把握に役立つとともに、モチベーションの向上にも繋がるでしょう。

 

親も子供の学習状況が一目で分かるのもメリットです。

 

その他の参考書代がかからない

タブレットひとつで、ほとんどのことを学べるような仕組みになっていることが多いので、その他の参考書を購入する必要性をあまり感じません。

 

もちろん人によっては、さらに参考書を購入して勉強することもできますが、無駄な出費を抑えれると思います。

 

子供達が楽しみながら学べる

つい先延ばしにしがちな自主学習ですが、お気に入りのアプリや、ゲーム型式で計算や漢字などが学べるので遊び感覚で勉強を始められます。

 

アラーム機能などもあり、勉強の時間を、設定した時間にお知らせしてくれるので子供のやる気が出ます。

 

いろいろな機能があるおかげで自ら進んで学習でき、飽きずに長い時間机に向かえます。

 

金額

タブレット学習は、一般的な塾に通うよりは安い値段設定になっているところが多いです。

 

中学生におすすめのタブレット学習

スタディサプリ

スタディサプリ 中学生

 

スタディサプリの一番のおすすめポイントは、月額980円という値段の安さです。

 

もちろん値段が安いだけでなく、しっかりと実績のある先生方の授業を受けることができます。

 

また、980円で小学4年生から中学3年生までの授業を見ることができるので、復習から予習まで幅広く、また個々の学力に合わせて勉強することができます。

 

タブレットだけでなく、テキストを無料ダウンロードできるので、印刷して学ぶことも可能です。

 

基礎的な学習だけでなく、未来授業といった子供の将来のための授業などユニークなサービスも含まれています。

 

塾などに通っている学生さんも値段が安いので、一緒に学んでいるといったケースもあります。

 

スマイルゼミ

スマイルゼミ 中学生

 

スマイルゼミの特徴は、普段の学習とテストに向けた学習の流れがしっかりしています。

 

まず、学校の授業に合わせた講義内容が毎月送られてきます。

 

日々の勉強で理解できたこと、間違えたことをデータとしてしっかりと把握し、さかのぼり講座や似ている問題をしていくことで、学習を深めていくとことができます。

 

テスト14日前になると、テスト範囲とこれまでの学習データをもとに、あなたに合ったテスト対策を作ってくれます。

 

スタディサプリとスマイルゼミの比較

スタディサプリ スマイルゼミ

 

ここでは、スタディサプリとスマイルゼミの中学生講座について比較していきたいと思います。

 

金額

スタディサプリ:中学1年生から3年生まで月額980円。

 

スマイルゼミ(標準クラス):中学1・2年生が月額6,980円、中学3年生が月額7,980円。(一括払いだとこの値段より少し安くなります。)

 

金額だけを比較すると、スタディサプリのほうが圧倒的に安いことになりますが、スマイルゼミは高価な分きめ細かなサービスを提供してくれています。

 

教科の内容

教科の内容は、スタディサプリが国語・算数・理科・社会・英語の5教科対応。

 

スマイルゼミは、同じく5教科対応とさらに実技4教科(音楽、美術、技術家庭、保健体育)の定期テスト対策ができるようになります。

 

スタディサプリのおすすめポイント

スタディサプリは、月額980円で、小学4年生から中学3年生までの授業を見ることが可能です。

 

スマイルゼミのおすすめポイント

スマイルゼミは、日々のデータを蓄積していくことで、一人一人の理解度に合わせたオリジナルの問題を配信してくれます。

 

タブレット

スタディサプリは自宅のパソコン、タブレット、スマホから勉強することが可能です。

 

スマイルゼミは、専用タブレットのみの利用になります。

 

専用のタブレットがいいのか市販のタブレットがいいのかは意見が分かれるところだと思います。

 

専用タブレットのメリット

学習のために作られているので、専門性が高い。

 

子供が知らないうちにゲームやインターネットで遊んでしまう危険性がないことがメリットだと思います。

 

市販タブレットのメリット

専用タブレットを購入する必要がない。(余計な経費が掛からない)

 

パソコン、タブレット、スマホと生活場面に合わせて活用することができることがメリットだと思います。

 

専用タブレットのデメリット

辞めたときや壊れたとき。

 

辞めた場合だと、その後の活用法がないこと。

 

壊れた場合、スマイルゼミだと「タブレットあんしんサポート」年間1,800円に入っていれば3,000円で修理してもらえますが、そこには行っていないと27,000円の費用がかかります。

 

市販タブレットのデメリット

ついつい違うアプリで遊んでしまう可能性がある。

 

まとめ

タブレット学習は、忙しい中学生には隙間時間を利用して学習できるのでおすすめです。

 

塾などに夜ひとりで通わせるのに抵抗がある親御さんも多いのではないでしょうか。そんな親御さんも家で勉強することができるこの学習方法は良い選択肢になると思います。

 

また、お子さんたちはスマホに慣れ親しんでいる世代なので、違和感なく取り組むことができると思います。

 

タブレット学習に興味はあるけど、正直ちょっと不安という方は、まず月額980円からはじめられるスタディサプリを使用されてみてはいかがでしょうか。

 

無料お試し期間もあるので、そこでお子さんの反応を見てから決めることもできます。


おすすめタブレット学習の申込みはコチラ

タブレット学習 おすすめ

スタディサプリ

タブレット学習に興味があるなら、まずおすすめなのがスタディサプリです。 月額980円からはじめられて、パソコン、タブレット、スマホから勉強できます。 安いだけでなく一流の講師陣がそろっているので、内容もしっかりとしています。 無料お試し期間もあるので、やってみたけどちょっと違ったななんていうときでも すぐに辞められるので、安心です。

 

タブレット学習 おすすめ

スマイルゼミ
このページの先頭へ